つわり 仕事

∫つわりで仕事が出来ない時はどうする?009

つわりで仕事が辛い時はどうしたらいい?

∝メニュー

ひどいつわりに効果的な対策つわり


ひどいつわりに効果的な対策

つわりとは妊娠に伴い、大量に分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と呼ばれるホルモンに体が付いていけずに引き起こされる症状となります。

葉酸サプリ おすすめ

このhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と呼ばれるホルモンは妊娠10週目ぐらいに最も分泌量が増えていきますが、最初につわりが現れ始める時期は4週から6週目で、この時期から吐き気や頭痛といった症状が現れ始めます。

その後8週目から10週目が症状がピークに達して、ひどいつわりの症状が現れる場合が多くあります。

つわりと一言で言っても、その症状は様々で個人個人によって異なります。

その中でも最も多い症状が吐き気ですが、ひどい場合には嘔吐してしまうほど強い吐き気に襲われる場合もあります。

そのほかには匂いに対して敏感になったり、空腹によって気持ちが悪くなるといったことも起こります。

ではこの辛いつわりに有効的な対策はどのようなことがあるのでしょうか見ていきましょう。

まずは好きな食べ物を食べるようにしましょう。

また空腹になると症状がひどくなる場合がありますので、そのような場合には食事の回数を増やして、こまめに食事を摂るようにしてください。

吐き気で食事を摂ることが難しい場合でも、果物やヨーグルト、アイスなどのさっぱりとしたものを摂るようにすると良いでしょう。

匂いが気になる場合の対策としてはマスクを付けるなどが手軽に行える対策となりますが、このほかにはハーブやクリームなど、自分が好きな香りの物を鼻の下に塗り、苦手な臭いを感じないようにすることも有効的になります。

頭痛も症状としては多いですが、これはホルモンバランスや貧血症状によって現れます。

貧血以外で引き起こされている頭痛の場合にはカフェインが有効的で、コーヒーなどを摂ることで症状を和らげることができます。

ただし貧血によって引き起こされている場合には、カフェインを摂ってしまうことで鉄分の吸収を妨げてしまい、貧血の症状をひどくすることがありますので注意してください。

目の酷使によっても頭痛は引き起こされますので、コンタクトレンズを使用している方は、こまめに目薬を差したり、使用する時間を短くするようにしてください。

同じことで言えばパソコンやスマートフォンなども頭痛を引き起こす原因のひとつですので、使用は控えるようにするか、時間を短くするようにしてください。

妊娠をしていると体に負担がかかりますので、お腹の中の赤ちゃんが「体を休めて」といってサインを出しています。

ですので症状がひどい場合にはしっかりと体を休めるようにしてください。



つわり 仕事、つわり 仕事、つわり 仕事、つわり 仕事、つわり 仕事、つわり 仕事、つわり 仕事、つわり 仕事、つわり 仕事、

- ランダム格言 -


∝メニュー


クリックで先頭へ
© 2015 つわりで仕事が出来ない時はどうする?009 All Rights Reserved.